レディ

美容外科で憧れの小顔に|ノーリスクなので心配御無用

納得のいくところを探す

眼

目元のコンプレックスは、美容外科での整形で改善できます。例えば、目尻のシワや目の周りのクマなどです。他には、たるみなどの改善も図ることができます。まずは実績の高い美容外科を探すことがポイントです。施術例なども参考にします。

詳細を確認する

シワやたるみの対処法とは

鏡を見る人

老化現象として現れる目元のシワやたるみは、美容外科の施術で改善できるので、症状や施術法を知っておくと有益です。顔の印象を大きく変えたい場合は、目元の施術を受ける工夫が効果的です。二重まぶた施術や涙袋形成施術などがあります。

詳細を確認する

小顔になれる美容整形

頬を触る女性

骨と筋肉を削る整形手術

人にはコンプレックスがあります。それはダイエットのように自力でコンプレックスを解消できるものもあれば、そうじゃないものもあります。例えば顔のエラがコンプレックスの場合は自力で治すのは非常に難しいです。エラにより、顔が大きく見える場合があります。それを解消するためにダイエットをして顔を小さくしようとしても、顔の脂肪が減ることでよりエラが目立ってしまいます。ですから、顔のエラが気になる方は美容外科に任せるのがオススメです。エラを治すための施術方法の1つに「エラ削り」があります。名前の通りエラと筋肉を削る整形です。完全に削ってしまうので、効果は半永久的で整形に多い「後戻り」もありません。しかし整形の中でも負担が強い施術方法なので、施術後は3日程の入院が必要になります。顔の腫れも1ヶ月程続くので、仕事をしている方は長期休暇をとる必要があります。さらに施術後は食事や会話をするだけで痛みを感じる状態が3ヶ月程続き、痺れや麻痺を感じます。痺れや麻痺に関しては50%の方が永久的に残るというリスクもあります。美容外科の中でもダウンタイムやリスクに関しては大変な整形手術の1つと言えますが、効果は永久的に続きます。

手軽さが魅力のボトックス

美容外科にはもう1つエラを治す施術方法があります。それは「エラボトックス」です。ボトックスというのは筋肉に注射することにより、筋肉の動きを麻痺させる効果があります。これをエラに注射し、筋肉を麻痺させることで目立たなくすることができます。エラ削りとの違いは、エラ削りは筋肉を削り、ボトックスは筋肉を麻痺させるという点です。ボトックスは筋肉を麻痺させるだけなので、エラ削りと違い効果は半永久的ではありません。半年から一年でボトックスの効果はなくなりますが、4ヶ月間隔でボトックスを注射することで半永久的に効果を感じる事ができます。エラボトックスのメリットは手軽さにあります。まずは施術時間ですが、注射をするだけなので10分ほどで終わり施術後の腫れや痛みもありません。そのため仕事を休んだり、人と会わない時間を作る必要がないのです。リスクや副作用に関しても内出血がでる方がいるくらいで、エラ削りと比べると非常にリスクや副作用が少ない施術方法と言えます。リスクが高くても一度の施術で半永久的にエラから解放されたい方はエラ削りを、定期的にボトックスを打つ必要があってもリスクが低く手軽なエラボトックスを選ぶかは美容外科の先生としっかり話合う事が大切です。ノーリスクなので心配御無用です。

美しい顔立ちにする

先生

美容外科では鼻の整形が人気の一つですが、術後は安定するまでに時間がかかるのでケアには十分気をつける必要があります。高さや形に合わせて様々な治療があるので、希望する治療が受けられるところを選ぶようにします。

詳細を確認する

レーザーで汗を押さえる

腕を上げる人

美容外科では多汗症の治療法として、手術で汗腺を摘出する方法のほか、ボトックス注射やレーザー治療などを行なっています。レーザー治療は傷跡が残らずダウンタイムが短いというメリットがあり、ワキ毛を薄くする効果もあります。

詳細を確認する