女の人

美容外科で憧れの小顔に|ノーリスクなので心配御無用

シワやたるみの対処法とは

鏡を見る人

老化対策のテクニック

顔のパーツの中でも目元の老化は目立ちやすいため、大きな悩みになりがちです。目の周辺のたるみ、シワなどは加齢によって起こりやすい症状であり、男女を問わずに改善を多くの人が希望しています。これらの症状は実は美容外科の技術をもって解消できます。老化対策のテクニックとして、目元に現れる老化の症状と、それに対応した施術について知っておくと有益です。よくある目元の老化症状には目の下のたるみがあります。この部位は眼窩脂肪が加齢によって表皮近くに出やすく、その飛び出た脂肪がたるみとなって現れます。たるみが凹凸を作るため黒い影ができることが多く、影グマとも呼ばれます。これに対応する美容外科施術は、脱脂法や皮膚切除です。また目元にできる深いシワも、よくある老化現象の1つです。加齢によってコラーゲンが次第に失われていくと、肌の弾力繊維も減るため乾燥した状態ではシワができます。しかし深いシワも美容外科の施術で解消することが可能です。高周波治療や超音波治療が用意されています。また効果が1年から2年程度ですが、手軽にできる老化対策としてボツリヌストキシン注入やヒアルロン酸注入も最近では多くの美容外科が取り扱っています。

顔の印象は目から変える

ことわざに「目は口ほどに物を言う」とあるように、目は人の印象を大きく決定付けるパーツです。それだけに美容外科においても目元を変える工夫で、それまでの人に与えていた印象をガラッと変えることが可能です。美容外科の分野では、目元の施術がいくつも用意されているので、工夫次第で理想の印象を相手に与えられます。例えば二重まぶた施術も代表的な目元施術の1つです。二重まぶた施術では、一重まぶたを二重まぶたにすることはもちろん、現代の美容外科の医術ではまぶたの位置や開きなども細かく調整できます。日本人にもっとも似合っているとされる末広タイプの目元や、自然な奥二重、人形のようなパッチリ目なども医師と相談することで実現できます。もし華やかでハーフな印象を与えたい場合は、幅の広い平行タイプの目元でそれっぽく見せられます。このように医師の技術と患者の希望次第で、現在の二重まぶた施術は理想の目元の実現ができる時代です。また愛くるしい目元にしたい場合は、ヒアルロン酸による涙袋形成施術を受けるのも良い工夫です。この施術ではヒアルロン酸を目元に注入することで、涙袋を作り出し、異性を惹きつける目元を形成できるメリットがあります。